蒸留水・いろいろ

 

●蒸留水の保存

出来あがった蒸留水はペットボトルに移し替えて頂き、冷蔵庫で保管して下さい。ガラス瓶ですとベターです。個人的な体験ですが、蒸留水は常温でも1週間程(それ以上・・)品質的には問題がありませんでした。しかし蒸留水は生きたお水です。生まれたばかりの生モノとして、冷蔵庫に入れて新鮮なうちにお飲み頂くことをお勧めしています。
 

●活性炭について

元のお水には気化物質があります。水道水では塩素が気化物質として含まれています。水蒸気の段階では、分子構造が小さいために、お水以外のものはいっさい含むことが出来ません。しかし蒸留水として水滴化しますと、吸着します。蒸留水の純度を保つために活性炭が必要です。3か月に一度程度の目安で交換して下さい。 (ショップでは1個315円で販売しています)
 

●いろいろな蒸留水

不純物ゼロ=蒸留水の製法はいくつかあります。RO式(逆浸透膜)と呼ばれるフィルターで濾す方法。イオン交換によって除去するもの、そして蒸留方式で水蒸を冷やすことで1滴ずつ作る方法です。これらすべては不純物ゼロの蒸留水ですので、成分分析的には同じ蒸留水とみなされます。

成分的にはゼロのお水で同じはずなのに、なぜか古いお水を濾した蒸留水と新しく作り出した蒸留水とでは、体験が全く違うようです。数多くのお声を頂いています。理由はわかりませんが、もしかしたら古いお肌をエステで磨きをかけるのと、生まれたての赤ちゃんの肌の違い、のようなものがあるのでしょうか。

古い水をフィルターで濾しても、古い水に染み込んだ記憶はそのまま残されているのかも知れません。蒸留方式では古い記憶がリセットされます。お水の転生、生まれ変わりと言えるでしょう。新鮮でエネルギッシュでな蒸留水にあなたの想いを込めて。体中の細胞に愛を伝えるための橋渡し役として。可愛がって下さい。蒸留水はあなたの心にきっと応えてくれることでしょう!

● スーパー蒸留水の作り方

蒸留水にひと手間かけることで、いっそうパワフルなお水が出来上がります。色々なスーパー蒸留水の作り方をご紹介しましょう。

 

●オルゴール蒸留水

蒸留水にオルゴールの音を聴かせることで、いっそうパワフルで素晴らしいお水になるとのこと。スプラウトの普及活動とオルゴール療法士をされている広島の片岡芙紗子さんからの情報です。(響き愛 082−850−1250)

 

●ブルーソーラーウォーター

青いガラスビンに蒸留水を入れ太陽の光に30分〜1時間ほどあてる。(ふたは金属以外のものを。サランラップのようなものでOK)

(ホ・オポノポノというハワイのヒューレン博士の言霊による浄化ツールのひとつです)太陽と水のエネルギーのコラボです。

 

●複数回蒸留する

蒸留水を更に2回以上蒸留したお水です。とても手間がかかるので作るのは大変ですが、驚くほど素晴らしいお水が出来上がります。(特に3回〜5回)

 

●神棚・お仏壇へのお供え

一番のオススメ。最高のお水です。まず、こころが軽くなります。(ぐぐっと凹みそうになっても不思議と早く立ち直る)心・体にとてもよい影響を持つ素晴らしいお水です。

蒸留水はゼロのお水。何でも吸着することが出来ます。(ハングリーウォーターと呼ばれます)そのため、波動の転写に使われる唯一のお水です。お水に情報を伝えるんですね。神棚やお仏壇にお供えした蒸留水には、沢山の愛情が込められています。般若心経水だって出来ちゃいます!あなただけの手作りの、最高の波動水をお試し下さい。あなたの愛とご先祖様の愛が沢山込められた蒸留水、これが世界で一番の、ベストの波動水です。
 

 

蒸留水
 

▼その他の使い方

 

●足湯

蒸留水風呂はちょっと難しいですが、足湯は手軽にできます。抜群の吸収力の蒸留水・足の裏からのデトッくすにご利用下さい。毒素や邪気を水に流します。

 


 

●白湯

特に冬場はお勧めです。蒸留水のデトックス効果に温め効果が加わります。お水は暖めると本来の味が出ます。蒸留水の白湯は甘くて本当に美味しい。まさに甘露です。

 


 

●電磁波の除去

パソコン・携帯・電子レンジと電気製品が欠かせない現代。知らず知らずに電磁波の影響を受けています。電磁波デトックスには”お水を飲むこと”が有効です。電磁波リセットとして蒸留水をお役立て下さい。

 


 

●蒸留水だけが持つ乳化力を生かして

蒸留水には、他のお水にない特徴・乳化力があります。水と油を溶かす力、なんですね。ペットボトルに蒸留を入れてサラダ油を加えてみて下さい。水と油は溶けます。この力を生かして、ハーブウォーター・化粧水・ボディローション等、オリジナルグッズの手作りにお使い下さい。

水晶を入れた蒸留水にセージオイルを入れてスプレーするのも、場の浄化としていい方法です。(癒しをお仕事にされておられる方にオススメ)

どうぞ色々とお試しください!こーんな使い方が見つかったよ、とか、何か情報がございましたら、ブラウン・ランドーン協会に是非お知らせ下さい。メルマガやプリント等で是非ご紹介したいと思います。ご連絡は下記まで 

十菱 愉美子 
ブラウン・ランドーン協会
?&fax0974−22−6779
大分県豊後大野市三重町内田887-3
e-mail:info@brownlandone.com

 

 

 

 

蒸留器ディディミ
蒸留器ディディミのお買い求めはこちらから